葬儀に行く前にマナーを知ろう|故人を尊ぶ心を大切に

男の人

事前に相談しましょう

葬儀

家族や友人など大切な人が亡くなると、身内や関係者で葬儀を行ないますが、葬儀を行なう機会はほとんどないので、教えてくれる人がいないと、どのような段取りで行なうのかよくわからないものです。特に遺族の年齢が比較的若い人だけだと、なおさら不安が強くなります。葬儀は、告別式や通夜だけのことをいうのではなく、病院などで息を引き取ったところから始まるのです。医師から亡くなったという確認をした後で、自宅まで連れ帰って、そこから故人の身だしなみを整えてあげ、その後通夜を行ないます。通夜を行なってから本格的な葬儀、告別式がとり行われます。葬儀会場には、親戚から友人まで数多くの人が集まりますので、専用の会場選びも慎重に考えてから決めましょう。
また、葬儀会場では祭壇やその他精進落としの料理まで幅広い箇所にまで注意を払うものですので、万が一のことを予想したら、早めに葬儀会社などで相談をしましょう。亡くなった後にたくさんのことを決めてしまうと、初めて葬儀を行なう場合は労力を使ってしまうので、家族と話し合いながら、細かいことを考えておくと、後で慌てる必要もありません。今は、治療を受けている本人を交えながら生前相談というかたちで葬儀に関する疑問や質問の解消に務めていることがあるので、本人の意向に沿った葬儀を実現させることができます。また、葬儀は終了した後も、お墓や位牌の準備などやるべきことはたくさんあります。葬儀をすることだけに注力するのではなく、終わった後のことも考えるように心掛けておくと良いです。