葬儀に行く前にマナーを知ろう|故人を尊ぶ心を大切に

男の人

故人を偲ぶために

お葬式

亡くなった方のために毎年命日になるとお墓参りをするものです。故人を偲んでお供え物をしたり、お墓の清掃をしたりと、身内で心づくしをします。都内に住んでいる人にとっては、お墓参りは遠方まで足を運ぶこともあるので、丸一日予定をあけて行なわれます。しかし、たとえ大切なお墓参りといっても、遠方まで行くのはなかなか手間のかかるものです。長旅で疲れていると、お墓の掃除を疎かにしてしまうこともあるでしょう。その上交通費までかさむこともあるので、お墓に足を運ぶ機会が知らず知らずのうちに減ってしまうことになりかねません。故人をいつまでも忘れないよう、大事にお墓参りを行なうため、自宅の近くにお墓を引越しさせることができます。引越しを行なうことで、無理なくお墓参りができるので、近年需要が高まっているのです。
お墓の引越しにはパターンがあって、すでにあるお墓を新しい場所に移す方法や、別で新しいお墓を建てて、そこに遺骨などを移す方法などがあります。使わないお墓は、知識のある業者がきちんと処分してくれるので、心配なく引越しを完了させることができます。お墓を引越しする前に、引越しする場所を決めます。自宅近くの霊園などを見学して、新しいお墓を選び、必要な手続きをすませて本格的にお墓を移します。お墓の引越しには、いくつかの申請書などが必要になってくるので、事前にどのような書類がいるのか確認するとスムーズに手続きを済ませることができるはずです。お墓の引越しについて、詳しいことは専門店に問い合わせをしてみましょう。