葬儀に行く前にマナーを知ろう|故人を尊ぶ心を大切に

葬儀会場

故人を偲ぶために

お葬式

お墓参りは毎年家族全員で遠方の実家などがある場所まで足を運びます。しかし歳を重ねると、お墓参りが辛くなることもあるので、自宅近くの霊園などにお墓の引越しをする家庭が増えてきています。

Read More...

マナーを守って参加

数珠

葬儀は厳かに執り行われることですので、そこにはいくつかの細かいマナーが存在します。若い間に葬儀に参加する経験はなかなかないものですが、今のうちに少しでも覚えておくと、いざというときに困らずにすみます。まず、葬儀に行く時の服装ですが、黒の喪服を着用することがほとんどです。急な弔問などで慌てて駆けつけた際は、平服であっても特に咎められることはありませんが、気になるなら靴下などを黒色にしておくと、良いでしょう。また、黒色の服でも光を反射させる様な素材で出来ているものは控えるようにします。葬儀に行く際は、お香典を用意していきますが、このお香典の金額で悩む人が大勢いるのです。故人が自分から見てどの立場にいるのか、年令によっても金額は変わってきます。葬儀に参列する前に、お香典の目安を記載している表などを調べておくと、非常識な金額を準備することもなくなります。また、お金が新札しかない場合は、折り目などを入れておくようにして、お札を入れる向きにも注意しましょう。葬儀に行く前のマナー以外にも、一切に参列した後のマナーもしっかり意識しましょう。葬儀では、焼香やお悔やみの言葉など、通常目にしないことも行なうので、葬儀に参加することがわかった時点で、事前の知識を頭に入れておくようにします。焼香をしているところは参列者からは見えませんので、その場でなんとかなるという気持ちは持たずに、葬儀に参列する上での礼儀を弁えてのぞみましょう。

事前に相談しましょう

葬儀

葬儀は、家族が亡くなったところから始まります。会場設営からその後のお墓の準備までやるべきことが多くあるので、初めて行う人は戸惑うこともたくさんあるはずです。可能な場合は、生前相談などをしておきましょう。

Read More...